現場に出ない工場の仕事はある?代表例と仕事の特徴を紹介!


生産管理・施工管理・品質管理

工場で現場での作業に直接的に携わらないにもかかわらず、工場での製品の製造に大きなかかわりを持っている仕事もあります。典型的なのが生産管理や施工管理の仕事です。生産管理は工場での生産プロセスについて全体的な管理をしています。生産プロセスが適切か、改善の余地がないか、不具合が発生していないかといったことをチェックして、より良い生産方法を生み出すのが仕事です。施工管理では現場での施工方法に問題がないか、効率化できる施工技術がないかといったことを調査して改善方法を検討する仕事を担当しています。品質管理も現場に出ずに製品の品質チェックや工場の機器の動作確認をしていることがあります。現場を確認する必要が生じることもありますが、通常はオフィスワークで済む職種です。

コールセンターや事務対応

現場に出ない工場の仕事としてよく求人が出ているのはコールセンターや事務対応です。工場の求人では名称が個々に異なるので注意しましょう。電話スタッフ、総務、庶務などといった名称で募集されていることがよくあります。工場では販売先や仕入れ先などからの電話対応をしたり、工場で働いている従業員のサポートをしたりする人が必要です。工場でも経理や経費精算などの業務も必要になるため、さまざまな種類の事務対応が求められます。人数は少なくて問題はないものの、常駐する正社員が求められるのがコールセンターや事務の人材です。欠員が出ることになったときに急募の求人が出ています。

業務の多様化や人手不足の影響により、工場の求人は常に出されています。ただし、応募条件が設けられていたり、人気の工場はすぐに定員に達するため、注意しましょう。

Related Posts